第21回 松の話


 

室町時代の禅僧に「一休宗純(いっきゅうそうじゅん)」という方がいました。

 

とんちの一休さん」でおなじみの、あの一休さんです。

 

ある時、旅をしていた一休さん。

 

村に立ち寄ると、そこで「ぐにゃぐにゃに曲がりくねった松」を見つけます。

 

一休さんは村人たちを集めて言いました。

 

この曲がりくねった松をまっすぐに見たものに、褒美をとらせよう

 

それを聞いた村人たち、「やった、褒美がもらえるぞ!」と、

 

なんとかして曲がった松をまっすぐに見ようと、知恵をしぼります。

 

片目をつぶって見てみる者、

 

股の間から顔を出して見てみる者、

 

寝っ転がって見てみる者、

 

近づいて見る者、

 

遠ざかって見る者、

 

村人たちはさまざまな方法を試しますが、誰一人、松をまっすぐに見ることはできませんでした。

 

そうこうしていると、大人たちが騒がしいのを聞きつけて、村の子供たちがやってきます。

 

そして、子供の一人が、曲がりくねった松を指さして言いました。

 

 

うわー、この松、めちゃくちゃ曲がってるね!

 

 

それを聞いた一休さんは、

 

 

見事! これがまっすぐに見るということじゃ

 

 

と、その子供を大いに褒めたそうです。

 

 

 

 

人間は、つい先入観や思い込みで、物事を考えてしまいます。

 

そういう「凝り固まった思考にとらわれるな」と、一休さんはこの話で教えてくれているのです。

 

曲がった松をまっすぐに見ることはできません。

しかし、まっすぐに見ることはできるのです。

 

思考に惑わされてはいけません。

 

皆さんも物事を「まっすぐ」に見られるようになりましょう。

 

それが、仏さまに近づく第一歩になるのです。

 

 

 

※関連記事>>『法話まとめ

≫法話まとめページ

 

※関連記事>>『臨済宗とは?

≫臨済宗の解説ページ

 

※関連記事>>『仏教とは?

≫仏教の解説ページ

 

 

※関連法話>>『五歳の話

≫5歳の頃を思い出してみる

 


参考文献

知識ゼロからの禅入門

幻冬舎 (2011/05/10)

ひろさちや(著)

★おすすめ!