【少欲知足】


 

少欲知足(しょうよくちそく)

 

むさぼりの心を少なくして、これだけあれば十分だと満足する。

 

自分が今、十分に足りていることを、知っていなければなりません。

 

「足(た)るを知る」です。

 

 

例えば、ご飯を食べていて、もっと食べたいと思います。

 

もっとおいしいものが食べたい、もっとおいしいものが飲みたい。

 

おなか一杯食べていたい!もっとおなか一杯食べたい!

 

これはむさぼりの心です。

 

心の中で「足るを知る、足るを知る」と唱えましょう。

 

 

お金は大事、とても欲しい。

 

欲しい、欲しい、欲しい、欲しい、

 

自分の事よりお金が大事、何としてでもお金が欲しい。

 

もっともっともっと!お金が欲しい!

 

これもむさぼりの心です。

 

心の中で「足るを知る、足るを知る」と唱えましょう。

 

 

健康でありたい。もっともっと健康でありたい。

 

健康のためなら無理をする。体が悲鳴を上げても健康でいたい。

 

健康!健康!健康!

 

これもむさぼりの心です。

 

心の中で「足るを知る、足るを知る」と唱えましょう。

 

 

そんなに欲しがらなくて良いのです。

 

がっつかなくて良いのです

 

自分に今あるものだけ、少ししかないのかもしれませんが、それで満足しておきましょう。欲しがりすぎると、それが苦しみに変わります。

 

あるというだけで素晴らしい、それを知りましょう。

 

欲望に負けないように、もっともっととならないように、「足るを知る、足るを知る」と、この言葉を忘れないようにしましょう。

 

 

お釈迦さまは欲望を完全に無くせとは言っていません。

 

「少欲知足」、なるべく「欲を少なくしなさい」と言ったのです。

 

まずは自分にできる限りのことから、「足るを知る」を実践してみていただければと思います。

      

 

※関連記事>『法話LOG

※関連記事>>『臨済宗とは?

※関連記事>>『仏教とは?

 

※関連法話>>『ドケチの話