【夢の話】


 

東光寺の本堂には「覚夢殿(かくむでん)」という額が飾ってあります。

 

夢から覚める場所、という意味です。

 

夢から覚める、とはどういう意味でしょうか?

      

 

ーー過去は夢、未来は幻。

 

 

過ぎ去った過去は夢であり、まだ見ぬ先にある未来は蜃気楼のようにあやふやなものである。

 

過去も未来も「」というものに比べれば、とても儚いものである。

 

 

覚夢殿の「夢」とは、この「過去」という意味も持っています。

 

過去は今さら変えることはできないし、動かすこともできません。

過去とは自分にはどうにもならないものなのです。

 

昔あんなコトがあった。

とても悲しいコトがあった。

恥ずかしいコトがあった。

苦しいコトがあった。

 

そういう過去を引きずって過ごしても何にもなりません。

 

苦しいだけです。

 

「早くここで夢から目覚め、前を向きなさい」と、「もうここらで過去にこだわるのは止めて、前に進みなさい」と、「覚夢殿」とはそういう意味なのです。

 

 

目覚めよとは言っていますが、積極的に過去を捨てる必要はありません。

 

大切な過去は心にしっかり仕舞っておきましょう。

 

皆さんには過去よりも、もっと大切な、「」があります。

 

今日という日の、「」を大切にしてください。

 

過去は夢、未来は幻ですが、「」というものは確かに「」ここに、存在するのです。

 

後ろにある過去ではなく、先にある未来でもなく、目の前にある「」こそを大切にしてください。

 

過去の夢にも、未来の幻にも振り回されず、ひとつひとつ、一瞬一瞬を、大切に生きてもらえればと思います。

 

 

※関連記事>>『法話LOG

※関連記事>>『臨済宗とは?

※関連記事>>『仏教とは?

 

※関連法話>>『秀吉の話

※関連法話>>『落ち葉の話

※関連法話>>『妄想の話

※関連法話>>『吾道一以貫之