【秀吉の話】


 

仏教徒であるからには、やはり「悟り」というものを目指したいものです。

 

成仏です。

 

成仏といえば死んでからというイメージが強いですが、必ずしも死ななければならない、ということはありません。皆さん方それぞれも、生きているうちに仏さまになる可能性は持っているのです。

 

一番良い方法は専門道場で修行する事だと思いますが、社会生活を送っている檀信徒の皆さまには、それは少し難しいと思います。自分に出来ることを考え、それを実行していきましょう。

 

例えばお寺で行われている坐禅会に参加するのも良いでしょう。お家でも、毎朝お経を読むなり、気が向いたら坐禅をするなり、少しづつでも、少しづつでも良いので、仏道修行に取り組んでいただければと思います。

 

ただ、無理はしないで下さい。

 

身体を壊しては元も子もありません。

 

自分に出来ることを考え、それを一心に行うことが大切なのです。

 

 

昔、豊臣秀吉が太閤になってしばらくした頃、ある人物が秀吉に質問をしました。

 

「秀吉さまは大変な出世をして、太閤になったワケですが、さぞかし若い頃から、凡人とは違う、すさまじい心がけを持っていたのでしょう。いったいどんな心がけで太閤にまで出世なさったのですか? その心がけを是非ともお聞かせ下され」

 

すると秀吉は、

 

わしは太閤になろうと思ったことは一度もない。ただ、足軽の時は、一心に、喜んで足軽の務めを果たしただけだ。するといつの間にやら武士の身分になっていた。武士になったら、また喜んで一心に武士の務めを果たした。するといつの間にやら、大名になっていた。大名になったからにはと、ますます励んで大名の務めを果たした。そして気づいたら、いつの間にやら天下を取っていて、太閤にまでさせられてしまっていた、というワケだ。だから、わしは太閤になろうと心がけたことは一度もない」

 

と答えられたそうです。

 

 

一心に自分の仕事を果たし、国のトップにまで上り詰めた豊臣秀吉。

 

私たちも、その時その時、出来る事、やるべき事を、ひとつひとつ、一心に行うようにしましょう。

 

一心に行っていればいつのまにか、ある時、ハッと、とんでもない所にたどり着いているかも知れません。

 

 

※関連記事>『法話LOG

※関連記事>>『臨済宗とは?

※関連記事>>『仏教とは?

 

※関連法話>>『夢の話

※関連法話>>『落ち葉の話

※関連法話>>『妄想の話

※関連法話>>『吾道一以貫之

※関連法話>>『カエルの話

 


参考文献

無文老師の三分法話(第3巻)

同朋舎 (1982/7/1)

山田無文(著)

★おすすめ!